パステル☆ミャンマー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
キッチュなミャンマー版「だるま」
ミャンマーを旅行すると、あちこちで目にするのがこの赤い人形「ピッタインダウン」。
Daruma-3.jpgDaruma-4.jpg
どちらも一般的に見かける土産物のピッタインダウン人形

ミャンマー語では「ピット/pyit=投げる」+「タイ/tai=毎回」+「ダウン/Htaung=立つ」、「投げてもいつも起き上がる」という意味になる。「だるま」のミャンマー版といったところか。
名前からわかるようにこちらも縁起モノで、パゴダや民家の門や塀に像が据えられたり、デザイン化されて宝くじ売り場や会社のロゴにあしらわれていることが多い。
Daruma-7.jpgDaruma-14.jpg
(左)ポッパ山にて (右)ピンダヤ洞窟ふもとに建つパヤーの塀

2体1対で門の左右に置かれがちだからか、男女1対になっていると言う人もいるが、周囲のミャンマー人たちに聞いた範囲ではそういうことはないとのことだった。起源伝説があるなら聞いてみたい。

姿かたちにさまざまなバリエーションがあり、ミャンマー好きの人にはピッタインダウン人形をコレクションしたり、写真に撮り集める人が多い。かくいう私もこのキッチュな魅力にはまって、あちこちで見かけては写真に収めている。
その一部をご紹介。

Daruma-2.jpgDaruma-1.jpg
Daruma-10.jpgDaruma-6.jpg
(左上)おてもやん風 (右上)ペコちゃんチック (左下)洋風マダムテイスト (右下)自縛霊…?

こっちはちょっと珍しい3体セット。真ん中の大きなピッタインダウンは内部に座って休めるようになっている。
Daruma-9.jpg

コレクション中、1番のお気に入りはアマラプラのパゴダで見つけたこちら。
2階建ての家ほどの高さがある巨大なもので、2体が並んで立っている。
Daruma-15.jpgDaruma-13.jpg
楳図かずおの漫画に出てきそう…。

コワすぎ。
夜中に子どもが見たらトラウマになりそうな恐ろしさだ。
このピッタインダウン、正面に隣接して別の仏様を祀る建物が建っているため、じっくりお顔を拝見するのが難しい。住民たちも作ってしまってからあまりの怖さに気づき、別の建物で目隠ししてしまったのではないだろうか。
考えすぎ?
スポンサーサイト
[2014/04/12 12:05] | 雑貨 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ゾーヂーはだるまに非ず | ホーム | 国民的化粧「タナカ」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pastelmyanmar.blog.fc2.com/tb.php/4-186f97e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

まき

Author:まき
【編集・ライター(撮影可)・コーディネート】
日本でのライター業を経て、中国・上海、ベトナム・ハノイにて現地情報誌の編集に7年強従事。その間、日本の雑誌や書籍に寄稿。コーディネートや企業調査も担当。現在はヤンゴンに在住。
連絡先: itasakamaki@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。