パステル☆ミャンマー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
水牛女神
真摯な仏教国ミャンマーだが、精霊信仰にも根強いものがある。
精霊には多くの種類があるが、私のお気に入りは、水牛の頭をかぶった女神ナンカリンだ。
モン族が多く住む、バゴーを中心に篤い信仰を集めている。
(バゴーのモン族は、ベトナムのモン族とは全く別物である。念のため。)

ヤンゴンでも街中の祠などでよく見かけるが、ミャンマー人の知人によると「バゴー出身者が祀っているケースが多いのでは」ということだった。

          Ushi-3.jpg
        ナンカリン像は、手に魚を捧げ持ってることが多い。水の神への捧げ物だろうか

ナンカリンにはこんな言い伝えがあるそうだ。

9世紀頃、現在のミャンマー一帯を支配していたモン王国の王が、弟に殺害された。王妃と生まれたばかりの王子は追っ手を逃れ、水牛の群れに逃げ込み、王子は牝の水牛ナンカリンの乳を飲んで水牛のように力強く育つ。
その後、モン王国がインドに侵略されると、新王は王子に、インド軍を撃退するよう依頼(ずいぶん勝手な王様のような…)。
王子は敵軍を撃退するのに水の神マイカラの助けを借りるが、引き換えに水牛を1匹供儀することをマイカラと約束していた。そのことを知った乳母に当たる水牛ナンカリンは自ら命を絶ち、自身の頭を王子に捧げる。
王子はたいそう哀しみ、ナンカリンの像を作って祀るようになった。

  Ushi-1.jpg
  バゴーのヒンタゴン・パゴダはナンカリンの総本山。たくさんのナンカリン像が安置されている

別のバージョンには、王子が水の神に水牛を捧げたのは自分の結婚式の時だったため、モン族では結婚式に水牛の頭を神に捧げるようになった、というものもあるそうな。
ここでも、捧げるのは頭だけだ。

   Ushi-2.jpg Ushi-5.jpg
   (左)牛の頭が2つものってる (右)ナンカリンにしては珍しく、表情が穏やか

どちらにしろ、モン族の儀礼には、水牛の頭が捧げ物としてよく利用されていたと想像できる。
きっと頭を神に捧げ、肉はみんなで食べていたのではないかと思うのだが、現在のミャンマー人の多くは、モン族も含め牛肉を食べない。
仏教で牛肉は禁止されておらず、彼らに理由を聞くと「牛は農耕で役に立ってくれているので食べない」とのことだった。
ものの本には、「ミャンマー人が牛を食べないのは、心情的に日本人が犬を食べないようなもの」と書かれてある。なるほどと思うとともに、農耕民族の牛に対する気持ちはみんな同じはずで、ミャンマー人だけが牛を食べない理由にはならないのではないか。
しかし、この話を見ると、昔は食べていた気もするのだが、どうなのだろう?

   Ushi-4.jpg Ushi-6.jpg
   街角の祠に、お地蔵様のように祀られているナンカリンの小像
スポンサーサイト

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/06/14 19:02] | 信仰 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<世界遺産第1号・ピュー王朝古代都市群 | ホーム | ヤンゴンの最先端スペース>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pastelmyanmar.blog.fc2.com/tb.php/33-e9745c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

まき

Author:まき
【編集・ライター(撮影可)・コーディネート】
日本でのライター業を経て、中国・上海、ベトナム・ハノイにて現地情報誌の編集に7年強従事。その間、日本の雑誌や書籍に寄稿。コーディネートや企業調査も担当。現在はヤンゴンに在住。
連絡先: itasakamaki@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。