パステル☆ミャンマー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
ヤンゴンの最先端スペース
ミャンマーにだって、お洒落なポイントは一杯ある。
ということで、さらにこちらをご紹介。先日オープンしたTS1だ。

     TS-1.jpg
            布張りの椅子が欲しかったが、400$と聞いて断念

埠頭の倉庫街に出現したブティック&ギャラリーで、従業員によると、いずれレストランもオープンさせたいとのこと。
ニューヨークの建築家ドミニク・レオンが主宰するアート・プロジェクのひとつだそうだ。歴史的価値の高い建造物の外観をそのままに、内部でモダンアートの展示を行おうというもの。
TS1はTransit Shed No. 1の略。「Transit Shed」を辞書で引くと、「発着荷物取扱所、貨物上屋」とあった。

           TS-2.jpg
             併設のギャラリーではグループ展を開催

私が行ったときは、ギャラリーには6人のミャンマー人アーティストの作品が展示されていた。予想していたよりハイレベルだ。
ブティックはというと、ひとつひとつの商品は興味深いものの、種類が少なすぎ。モダン雑貨はまだまだこれからといったところか。

TS-3.jpg TS-4.jpg
ブティックで販売されている商品たち。他にも家具や和紙、漆の椀などがあった

そもそも、ブティック&ギャラリーとは存在自体がお洒落。
埠頭の倉庫街というロケーションも、これまた超お洒落。
そして仕掛け人がニューヨーカーなんてもう、これ以上ないお洒落の極地。
いきなりハイレベルなお洒落ワールドへ行っちゃって、地元の若者はついていけてるんだろうか。

倉庫を出ると、目の前を通り過ぎるのは、荷物を山積みにしたサイカーを汗だくで漕ぐ運転手や、頭上に大荷物を担いで運ぶタナカを塗った女性たち。
こうしたギャップも、このアートプロジェクトの趣旨のひとつなのだろうか。

          Futou-1.jpg
                   だだっ広い倉庫街
スポンサーサイト

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/06/08 00:00] | 街歩き | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<水牛女神 | ホーム | ミャンマーにもあるお洒落スポット>>
コメント
おしゃれの極地いきて〜!
[2014/07/03 17:13] URL | にしやん #AcMhDJQE [ 編集 ]
初めまして。今日、はじめてブログを拝見しました。
私もTS1に行ったとき、同様の感想を持ちました。
その時の感想も自分のブログに書きました(あまり更新してませんが)。

お書きになっている内容の充実したブログなので、これからも楽しみに読ませていただきます。

http://ygncalling.blogspot.com/2014/05/blog-post.html
[2014/08/27 16:29] URL | レコスケ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pastelmyanmar.blog.fc2.com/tb.php/32-75377bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

まき

Author:まき
【編集・ライター(撮影可)・コーディネート】
日本でのライター業を経て、中国・上海、ベトナム・ハノイにて現地情報誌の編集に7年強従事。その間、日本の雑誌や書籍に寄稿。コーディネートや企業調査も担当。現在はヤンゴンに在住。
連絡先: itasakamaki@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。