パステル☆ミャンマー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
伝統的度量衡
前回で話題に出たエビ。スーパーではこのように売られている。

         Hakari-1.jpg
               「160グラム2660チャット」の表示

日本人としては、「なんで160グラム単位?」と思うところだ。

これは、ミャンマーの伝統的な重さの単位「ペイタ」が1600グラムであることによる。ペイタの下にも単位があり、1ペイタ=100チェッターだ。
重さの単位として、かつの日本でも「貫(かん)」や「匁(もんめ)」が使われていたようなものだ。ちなみに1貫は3750グラム。

Hakari-2.jpgHakari-3.jpg
(左)バガンの市場にて (右)即席のやぐらを組んで天秤を使う露店

日本では一部例外を除き、1958年から書類などでの重量の単位をキロやグラムに統一する法律が施行されたが、ミャンマーで同様の法律ができたのは2012年。ついこの間のことだ。
今でもローカル市場に行けば、青果商や鮮魚商はアナログな天秤を使っており、おもりはペイタやチャッターが基準になっている。
買う方もこの単位での感覚が身についてしまっているので、スーパーでも食品は160グラムや1600グラム単位になってしまうのだろう。

Hakari-5.jpgHakari-4.jpg
(左)天秤は市場商売になくてはならない道具 (右)手作り感あふれるパオ族露天商の天秤

チェッターやペイタの重量単位とともに今も使われているものに、容量の単位「ティン」、「ピイ」、「ノジブ」がある。
そもそも1ティンはカゴ1杯分を意味し、基本的に9ガロン(約34.2リットル)。ティンの下は1ティン=16ピイ、1ピイ=8ノジブだ。

1ノジブは、植民地時代に流通していたコンデンスミルクの缶の容量14オンス(441ミリリットル)だとか。
カゴ単位で野菜や穀物の取引をし、コンデンスミルクの空缶を使って香辛料などを量り売りする、当時の市の様子が目に浮かぶ。

          Hakari-6.jpg
        米屋の店先にもコンデンスミルクの空缶計量器。隣の少し大きめの容器はピイ

今でもコンデンスミルクの空缶は現役の計量器で、あちこちの商店の店先で見かける。それほど多く出回ってるのだろう。
なるほど、ミャンマーの紅茶が激甘なわけだ。
スポンサーサイト

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/25 14:00] | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<竹の国 | ホーム | 巨大エビ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pastelmyanmar.blog.fc2.com/tb.php/26-c5bfdb28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

まき

Author:まき
【編集・ライター(撮影可)・コーディネート】
日本でのライター業を経て、中国・上海、ベトナム・ハノイにて現地情報誌の編集に7年強従事。その間、日本の雑誌や書籍に寄稿。コーディネートや企業調査も担当。現在はヤンゴンに在住。
連絡先: itasakamaki@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。