パステル☆ミャンマー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
名もなきコロニアル建築たち
ヤンゴンのダウンタウンは、19世紀末にイギリス殖民政府により計画された都市だ。
ヤンゴン港と鉄道環状線とを挟む低地を埋め立て、スーレーパゴダを中心とした碁盤の目状の街並みを造り上げた。大きな通りには有名人の名が冠され、それらの間の路地には番号が振られている。
とくに、煉瓦造りの壮麗な建造物が建ち並ぶスーレーパゴダから港にかけてのエリアは、今ではすっかり観光名所。往時は殖民政府の、現在はミャンマー政府の公的機関の建物として利用されている。

しかし、ダウンタウンの魅力はそういった有名コロニアル建造物ではなく、名もなき市民の集合住宅にこそある。

      Colonial--5.jpg
         各階に数世帯が暮らす集合住宅になっている建物がほとんど

経済的に豊かでなかった長い時代を経て煤けてしまっているが、ビクトリア調の重々しい装飾がかえって世紀末のロンドンのようで、東西冷戦時代のワルシャワやブダペストを思わせる。
(また歳がばれることを書いてしまった…)

Colonial--6.jpg Colonial--11.jpg
ロンドンの街角にありそうな建物が目に付く

ご他聞にもれず、この光景も経済発展とともに消え行く運命にあるようだ。歴史の垢がこびりついたアパートのそこここに、ピカピカ光る近代的な建物が出現し始めている。
オフィス街ではなく完全に住宅街となっているダウンタウンの人びとにとって、旅行者の楽しみより衛生的で近代的な生活が大切なのは当たり前だろう。

Colonial--1.jpg Colonial--10.jpg
(左)ハノイにありそうな配色 (右)窓を全て開け放つと風がよく通る構造になっている

こういった古い建造物を利用したカフェや土産物屋が増えるのが、住人、訪問者ともに利益を得られる方法ではと思うが、それもこの家賃の超高騰ではかなわない。
この街並みを見ておきたい人は、なるべく早くヤンゴンへ来るしかなさそうだ。

            Colonial--9.jpg
 建物の裏には空間がとってあり、共同井戸が並ぶ。でたらめに増殖した街並みでないことがよくわかる
スポンサーサイト

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/21 15:18] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<巨大エビ | ホーム | これぞ「駅なか」市場>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pastelmyanmar.blog.fc2.com/tb.php/24-874f151b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

まき

Author:まき
【編集・ライター(撮影可)・コーディネート】
日本でのライター業を経て、中国・上海、ベトナム・ハノイにて現地情報誌の編集に7年強従事。その間、日本の雑誌や書籍に寄稿。コーディネートや企業調査も担当。現在はヤンゴンに在住。
連絡先: itasakamaki@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。