パステル☆ミャンマー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
動物天国
ミャンマーに生まれた動物は幸運だ。

     Animal-4.jpg
日本なら店主に追い払われそうな食堂のテーブルで寛ぐ猫。衛生面を考えると追い払ってほしい気も…

ひとりひとりが輪廻からの解脱を目指す上座部仏教においては、各人が日々の功徳を積むことが大切。功徳には動物にエサをやることも含まれるため、気軽に積めるよう寺の境内はもちろん、街のあちこちに鳥や魚のエサを売る露店がある。
街の野良犬たちに毎日エサをやるといった、日本なら町内会から叱られそうな光景もよく見かける。
以前住んでいたベトナムのハノイとは大違いだ。

Animal-1.jpgAnimal-2.jpg
(左)露店で買った餌を鳩にやる通行人 (右)スズメのエサにする稲穂は、毎朝団地に売りに来る

ベトナム北部では犬や猫を好んで食べる。街角には「猫鍋」(かつて日本で流行した鍋に入る猫ではなく文字通りの猫鍋)の看板が掲げられているし、犬料理屋がずらりと並ぶ通りもある。
最近ではペットとして飼う人も増えてきたが、いつも犬さらいや猫さらいに連れて行かれないように気を遣っていた。
そんな状況では、犬や猫も殺伐とせざるをえない。
田舎道で撮影などしていると、ともかく犬が吠え掛かってくる。狂犬病も多いし危ないことこのうえない。
行く手に犬が見えたら引き返す、というTVゲームさながらの進み方をしていると、なかなか目的地に着けないこともあった。

Animal-11.jpgAnimal-5.jpgAnimal-10.jpg
寺の境内や参道で寛ぎまくるお犬さま、お猫さま

それに比べるとミャンマーの犬や猫は総じて肉付きがよく人懐っこい。人に吠え掛かることもあまりない。

ただ、たまたまかもしれないが、マンダレー郊外のアマラプラではやたら吠えられた。
織物の町として有名なアマラプラでは、あちこちからバタバタと大きな機(はた)の音が聞こえる。
騒音に犬がストレスをためていたのか。
織物工房に気をとられて足の止まりがちな私が、よほど不審だったのか。

         Animal-9.jpg
猫の曲芸で有名だったインレー湖のガーペー僧院。猫使い(?)の僧が亡くなってからはただの「猫が多い寺」に
スポンサーサイト

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/14 16:43] | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<威容を誇るミングオン・パゴダ | ホーム | 得度式>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pastelmyanmar.blog.fc2.com/tb.php/21-4235136d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

まき

Author:まき
【編集・ライター(撮影可)・コーディネート】
日本でのライター業を経て、中国・上海、ベトナム・ハノイにて現地情報誌の編集に7年強従事。その間、日本の雑誌や書籍に寄稿。コーディネートや企業調査も担当。現在はヤンゴンに在住。
連絡先: itasakamaki@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。