パステル☆ミャンマー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
得度式
水かけ祭りから約1ヶ月。
この時期、街では高校球児のような坊主頭をよく見かける。
老若男女を問わず、だ。
伝統的なロンジーをまとい、顔にはタナカ、耳には金のピアス、そして頭は坊主頭といった、なかなかパンクな装いの若い女性も少なくない。

これは年に一度、長期休暇をとれる水かけ祭り期間中に出家した人が還俗し、髪が伸び始めたためだ。

       Tokudo-4.jpg
       カローの街で出会った、男児3人(ピンク)と女児2人(黄色)の合同得度式

ミャンマー人は一生に一度は出家する、とたいていのミャンマー本にはそう書かれている。
全員ではない気はするが、じっさい、私の周囲にも出家する人は多い。水かけ祭りの間、一緒に出家してきたという若夫婦もいる。
子どもだと、学業に影響のない夏休みに出家するケースが多いようだ。

Tokudo-5.jpgTokudo-6.jpg
(左)悪ガキっぽいが、1週間とはいえ僧侶が務まるのだろうか (右)あまりに幼すぎて、こちらも心配…

出家の際にはそれが1週間であっても、お披露目行列を行うことがほとんど。
とくに子どもの出家では、「わが子の晴れ姿をお披露目したい」と多額の費用をかけて大々的にやることが多い。
この辺の親心は、日本の七五三に似ている。

Tokudo-2.jpgTokudo-3.jpg
     「ちゃぐちゃぐ馬こ」のようなピーの得度行列

お披露目行列は、ヤンゴンだと小型トラック、地方だと馬に乗り、音楽を鳴らしながら町内をめぐるというものだ。
貧しい家庭だと寄付を募ることになる。
逆に子どもがいなかったり、実子が出家したがらない人が、他人の子どもの出家費用を出すことで「徳を積む」ことも。

     Tokudo-7.jpg
     インレー湖の水上村では得度行列も舟で

知人の日本人男性は、ミャンマー人の同僚に「費用はもつから出家して欲しい」と頼まれたことがあるそうだ。
そういえば、「旅行中にミャンマーで出家したことがある」という日本人男性にも会ったことがある。

外国人が出家したら、どうやってお経を読むのだろう。
宗派は違うが、お経でさえあれば般若心経でもかまわないのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/12 15:25] | 信仰 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<動物天国 | ホーム | バス族 in ヤンゴン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pastelmyanmar.blog.fc2.com/tb.php/20-7e329d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

まき

Author:まき
【編集・ライター(撮影可)・コーディネート】
日本でのライター業を経て、中国・上海、ベトナム・ハノイにて現地情報誌の編集に7年強従事。その間、日本の雑誌や書籍に寄稿。コーディネートや企業調査も担当。現在はヤンゴンに在住。
連絡先: itasakamaki@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。