パステル☆ミャンマー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
石窟寺院マイ・ベスト3
ミャンマーには石窟寺院が多い。
ごく個人的な好みで選んだベスト3は以下。

ベスト1 カイン地方パーアンのカウグン洞窟

       Cave-5.jpg

壁面にびっしりと小さな仏像が彫られているのが圧巻。
色合いが渋めなのが日本人好み。

ベスト2 ザガイン地方ポー山

       Cave-4.jpg

山のあちこちに仏像が祀られた洞窟が荒れ果てたまま散在。
細緻な壁画に囲まれた、丸みのある暖かい表情の仏像が印象的だ。

ベスト3 シャン地方ピンダヤのシュエウーミン洞窟

       Cave-1.jpg

ミャンマー人にとっての3大聖地のひとつとされ、やはりこれははずせない。
大きな洞窟内に仏像がびっしり“生えてる”というイメージ。

ミャンマーに限らず、石窟寺院はアジア各国、日本にだってある。
仏教徒のいる(または、いた)国なら多少の差こそあれそうだろう。

ただ、ミャンマーの石窟寺院は少し趣きが違う。
ほとんどの石窟寺院にはやみくもに、と言いたくなるほど多くの仏像が置かれているのだ。
しかも、いまだ増殖中。
貴重な文化遺産なんだから、普通だったら仏像とはいえ「新しい変更」は歓迎されないと思うのだが、ミャンマーではこれがアリなのだ。

ピンダヤ洞窟に足を踏み入れたとき驚いたのは、堂内を埋め尽くす仏像の、そのおびただしい数。もとからあった仏像と仏像の隙間に強引に置いたりするものだから、内部が迷路のようになっている。
特にたてこんだエリアへの英語道標が「迷路はこっち」となっていて笑ってしまった。
いや、ここ遊園地じゃないから。聖地だから(笑)。

寄進者の名前や居住地、日付を書いたプレートを見てさらにびっくり。
シンガポールや台湾、アイルランドと、外国人の寄進がけっこうある。

Cave-3.jpgCave-2.jpg
(左)父母と子ども3人で2004年に寄進 (右)こちらはアメリカ人とアイルランド人から

日本人だったら、こういった宗教がらみの場所に外国人の名前を刻むのに抵抗がありそう。

そして、いちばん奇異に感じたのが寄進日。
ここ数年のものが少なくないのだ。
こういう「文化遺産」みたいなところって、日本だったら絶対手を加えたりしないんだけどな。

仏教も聖地も、ミャンマーでは本当に「生きている」ってことなんだと思う。
スポンサーサイト

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/04/29 14:00] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<トーフと豆腐は似て非なるもの | ホーム | 眼鏡屋通り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pastelmyanmar.blog.fc2.com/tb.php/14-790c5cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

まき

Author:まき
【編集・ライター(撮影可)・コーディネート】
日本でのライター業を経て、中国・上海、ベトナム・ハノイにて現地情報誌の編集に7年強従事。その間、日本の雑誌や書籍に寄稿。コーディネートや企業調査も担当。現在はヤンゴンに在住。
連絡先: itasakamaki@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。