パステル☆ミャンマー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
女子注目のプラカゴ
ハノイに住んでいた頃、日本から来た女友達が熱に憑かれたように買いあさっていたのがプラカゴ。荷造り用のPPバンドを編んで作る買い物籠である。

そもそも市場の売り子たちが荷物を運ぶのに利用していたが、そのレトロな色合いと形に惹かれた雑貨好き女子たちによって「見出された」のだ。
最初は、味も素っ気もないビニールホースの切れ端が取っ手になっているなど、乙女心を損なう製品も少なくなかった。しかし、1年ほど前からハノイでは(おそらくホーチミンではもっと早く)、凝った模様を編み込んだりレースを縫い付けたりした土産物用プラカゴが登場し、人気を集めていた。

プラカゴはミャンマーにもある。
あるどころか、これがびっくりするほどかわいい。というのも、地方都市などではプラカゴが、今でも若い女性のお洒落かばんとして用いられているためだ。

Kago-3.jpgKago-2.jpg
(左)ミャンマーのプラカゴには蓋付きもある (右)インレー湖畔の市で見かけた、プラカゴで買物する女性

外食産業があまり発達していないミャンマーでは、ランチは弁当持参が一般的。食事の主流であるカレーを入れる弁当箱は、アルミ製の段重ね。これに水筒も持つため、大きさ的にプラカゴがぴったりなのだ。

              Kago-5.jpg
                典型的なヤンゴン女性の出勤スタイル

しかし残念ながら、首都ヤンゴンにはあまりかわいいプラカゴがない。ベトナムと同じく、市場の運搬用としての用途が中心となっている。
では女性たちは、何に弁当箱を入れているのか。

100均などに売っているプラスチックカゴが主流なのだ。どこのスーパーでもこのカゴが山積みになって売られているし、ダイソーをはじめとする100均ショップならぬ「1800チャット均一店」も多数あり、そこでもこのカゴが人気商品となっている。
              Kago-6.jpg
                これはこれでかわいいんだろうけど…

そういったプラスチック製のカゴでむかつくのは、色の毒々しさ。プラカゴや竹籠が編み出すフェミニンな色合いがないのだ。

Kago-1.jpgKago-4.jpg
こっちの方が素敵と思う

木製からどんどん転換を進めている屋台の机や椅子とともに、目にしにくくなってきたプラカゴ。
ヤンゴンのパステル的色合いが、またひとつ消えつつある。
スポンサーサイト

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/31 17:52] | 雑貨 | トラックバック(0) | コメント(4) |
斜め45度僧
ミャンマーの寺には様々な像が安置されている。
仏陀はもちろん、仏陀の生涯における名場面の再現像、亡くなった高僧、ナッとよばれる精霊など。
なかでもユニークなのが、托鉢の鉢に片手を突っ込みながら斜め上を見つめる僧侶の像だ。

         Naname-1.jpg
               モン州の水上寺院イーレー・パゴダにて

ミャンマー人たちに尋ねると、「僧が太陽の位置を気にしながら食事しているところだ」と答えてくれる。



それを像にして祀るのにどんな意味が、と常々気になっていた。
先日、もう少し細かい故事来歴を知ってるという人が教えてくれた。

僧の名はシン・ウー・パ・グタ。シンは僧侶の尊称なので、日本的にいうとウー・パ・グタ法師? 実在したかどうかは不明。

Naname-2.jpgNaname-3.jpg
(左)イーレー・パゴダ本殿から (右)ウー・パ・グタ像は海へ突き出した祠に祀られている

ウー・パ・グタ法師は、仏へのお供えを邪魔しようとした邪悪な精霊を退治していたために食事が遅くなってしまった。ミャンマーの僧侶は1日2回の食事を正午までにすまさねばならない。そこで、太陽の位置を気にしながら食べている、という場面を表しているのだという。
この故事により、寺へ寄進した人がお供えを守ってもらうため、この像へお参りすることが多い。

ウー・パ・グタ像は海辺や川べり、池の周囲に造られることが多いが、これは彼が海中に住むと言い伝えられているため。

Naname-7.jpgNaname-6.jpg
(左)チャウタンのイエレー・パゴダ (右)こちらのウー・パ・グタ像は二段構え

右向きの像と左向きの像があるが、建てられた場所から昼前の太陽の位置へ顔を向けているのではないだろうか。
少なくとも、私が見たものは全てそうなっていた。

Naname-4.jpgNaname-5.jpg
(左)バゴーで遭遇したへたうま系 (右)ムドンの巨大ウー・パ・グタ像 

それにしても、何も最後の食事の場面を像にすることはないのではないか。悪霊を退治しているカッコイイ場面とかもあっただろうに。実際、「僧侶たるものが食事を気にするとは何ごと」と、この像を快く思わない人もいるとか。

せっかく悪霊退治を頑張ったのに、そのあと食事の時間を気にしたばっかりにそこばかりが取り上げられ、「食事の時間を気にする僧侶」の代表のようにされてしまったとは、全くもって気の毒だ。

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/29 15:07] | 信仰 | トラックバック(0) | コメント(0) |
竹の国
         Take-0.jpg

ミャンマーでの竹の活躍率は高い。
私がこれまで住んだことのある中国やベトナムでも竹はよく利用されていたが、ミャンマーはそれを上回っている気がする。

Take-5.jpgTake-6.jpg
カゴ、椅子、ゴザ…市場には様々な竹製品が並ぶ

竹のボールを使う伝統的スポ-ツ、チンロン。
土産物屋に並ぶ竹を使った玩具。
竹の桟橋、竹の足場、竹筒料理、竹製家具、買い物籠や魚獲り籠、ゴザ。
ほかにも様々な生活用品が竹で作られている。

Take-4.jpgTake-3.jpg
          (左)ライフルやカタナといった竹の玩具いろいろ (右)竹と風船で作った笛

家屋についても地方はもちろん、ヤンゴンでさえ低所得層だと、ほぼ竹だけでできているものをよく見かける。
東南アジア一帯には竹を使った家で暮らす少数民族が多いが、それは身近に竹が手に入るから。バガンのように竹が育たない地域でまで、わざわざ遠くから運んできて竹で造るものだろうか。

Take-7.jpgTake-8.jpg
(左)インレー湖に建つ竹の家 (右)竹の家の内部。間敷居や床、壁もすべて竹製 

ミャンマーにはいくつか陶器村があるが、ここでも燃料は竹。ベトナムの陶器村バッチャンは高温焼成が可能な泥炭と登り窯で陶器産業が発展したが、ミャンマーの陶器がどうにも素焼き壷の世界から脱出できないのは「竹を使ってるから?」とまで考えてしまう。

Take-9.jpgTake-10.jpg
モーラミャイン近郊の陶器村。燃料となる竹が通りのあちこちに山積みになっている 

漆器も、木地ならぬ「竹地」のものがけっこうあり、日常生活で使用される漆器だと多くはベースが竹。木地と違い表面ガボコボコしていて、結果、仕上がりは「素朴」になる。

仏像にしてもそうだが、ミャンマーの工芸品にはストイックなまでに職人技を追求する姿勢を感じない。質の高いものを少数造るより、少々粗雑でも数多く作ることに価値を見出すというか。
みんなで立派な仏像をひとつ寄贈するより、ひとりひとりが自分で寄進できる仏像を持ち寄るのも同じ心理? 結果、ピンダヤの洞窟寺院みたいなものができあがったんだろうか。

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/27 14:09] | 雑貨 | トラックバック(0) | コメント(0) |
伝統的度量衡
前回で話題に出たエビ。スーパーではこのように売られている。

         Hakari-1.jpg
               「160グラム2660チャット」の表示

日本人としては、「なんで160グラム単位?」と思うところだ。

これは、ミャンマーの伝統的な重さの単位「ペイタ」が1600グラムであることによる。ペイタの下にも単位があり、1ペイタ=100チェッターだ。
重さの単位として、かつの日本でも「貫(かん)」や「匁(もんめ)」が使われていたようなものだ。ちなみに1貫は3750グラム。

Hakari-2.jpgHakari-3.jpg
(左)バガンの市場にて (右)即席のやぐらを組んで天秤を使う露店

日本では一部例外を除き、1958年から書類などでの重量の単位をキロやグラムに統一する法律が施行されたが、ミャンマーで同様の法律ができたのは2012年。ついこの間のことだ。
今でもローカル市場に行けば、青果商や鮮魚商はアナログな天秤を使っており、おもりはペイタやチャッターが基準になっている。
買う方もこの単位での感覚が身についてしまっているので、スーパーでも食品は160グラムや1600グラム単位になってしまうのだろう。

Hakari-5.jpgHakari-4.jpg
(左)天秤は市場商売になくてはならない道具 (右)手作り感あふれるパオ族露天商の天秤

チェッターやペイタの重量単位とともに今も使われているものに、容量の単位「ティン」、「ピイ」、「ノジブ」がある。
そもそも1ティンはカゴ1杯分を意味し、基本的に9ガロン(約34.2リットル)。ティンの下は1ティン=16ピイ、1ピイ=8ノジブだ。

1ノジブは、植民地時代に流通していたコンデンスミルクの缶の容量14オンス(441ミリリットル)だとか。
カゴ単位で野菜や穀物の取引をし、コンデンスミルクの空缶を使って香辛料などを量り売りする、当時の市の様子が目に浮かぶ。

          Hakari-6.jpg
        米屋の店先にもコンデンスミルクの空缶計量器。隣の少し大きめの容器はピイ

今でもコンデンスミルクの空缶は現役の計量器で、あちこちの商店の店先で見かける。それほど多く出回ってるのだろう。
なるほど、ミャンマーの紅茶が激甘なわけだ。

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/25 14:00] | 暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) |
巨大エビ
ミャンマー料理の代表格といえばミャンマーカレー。ビルマ語では「ヒン」という。たいていのガイドブックにも書かれているように日本人的にはカレーとはいいがたく、数ミリの油の層が浮かぶ煮汁に具材がごろごろと散らばった「油煮」といった風情だ。

そもそもミャンマー人はスパイシーさを好まず、具材を煮詰めて凝縮させた旨みに魚醤や魚介の発酵ペーストを加えたこってり系の味が基本。私自身は関西風のあっさり味で育ったので、あまり好きになれない料理だ。

しかし、エビカレーだけは別。ベビー伊勢エビ級の巨大なものが入っていることが多く、ブラックタイガーなど日本でよく口にする大きめのエビに比べ、胴体が太く食べでがある。

          Ebi-1.jpg
           カレーを頼むと、スープとごはん、付け合せの野菜がつく

何より、「臭い」といってもよいくらいの濃厚な香りがし、これが油まみれのミャンマーカレーによく合う。
ちょっとぐさぐさした食感で、新鮮なエビ特有のプリッとした歯応えに乏しいのが難と言えば難だが、それもカレーの具材としてならあまり気にならない。

実はこのエビ、川エビだという。ネットで調べてみたところ、「オニテナガエビ」のようだ。日本人的には川エビといえば唐揚げにするような小さな姿しか浮かばないが、東南アジアのテナガエビには体調30cmにも及ぶものもあるという。
         Ebi-3.jpg
         これでも小さ目かも。もちろん、茹でると赤くなるのは海エビも川エビも同じ

ミャンマー人経営の日本料理店だと、エビ天ぷらにこのエビを使っていることがよくある。衣の隅まで身が詰まっているのは嬉しいものの、この食感は天ぷらには合わないと思う。

料理って、その土地の素材の特性に合わせて生み出されていくものなんだなと、再認識したしだい。

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/23 14:00] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
名もなきコロニアル建築たち
ヤンゴンのダウンタウンは、19世紀末にイギリス殖民政府により計画された都市だ。
ヤンゴン港と鉄道環状線とを挟む低地を埋め立て、スーレーパゴダを中心とした碁盤の目状の街並みを造り上げた。大きな通りには有名人の名が冠され、それらの間の路地には番号が振られている。
とくに、煉瓦造りの壮麗な建造物が建ち並ぶスーレーパゴダから港にかけてのエリアは、今ではすっかり観光名所。往時は殖民政府の、現在はミャンマー政府の公的機関の建物として利用されている。

しかし、ダウンタウンの魅力はそういった有名コロニアル建造物ではなく、名もなき市民の集合住宅にこそある。

      Colonial--5.jpg
         各階に数世帯が暮らす集合住宅になっている建物がほとんど

経済的に豊かでなかった長い時代を経て煤けてしまっているが、ビクトリア調の重々しい装飾がかえって世紀末のロンドンのようで、東西冷戦時代のワルシャワやブダペストを思わせる。
(また歳がばれることを書いてしまった…)

Colonial--6.jpg Colonial--11.jpg
ロンドンの街角にありそうな建物が目に付く

ご他聞にもれず、この光景も経済発展とともに消え行く運命にあるようだ。歴史の垢がこびりついたアパートのそこここに、ピカピカ光る近代的な建物が出現し始めている。
オフィス街ではなく完全に住宅街となっているダウンタウンの人びとにとって、旅行者の楽しみより衛生的で近代的な生活が大切なのは当たり前だろう。

Colonial--1.jpg Colonial--10.jpg
(左)ハノイにありそうな配色 (右)窓を全て開け放つと風がよく通る構造になっている

こういった古い建造物を利用したカフェや土産物屋が増えるのが、住人、訪問者ともに利益を得られる方法ではと思うが、それもこの家賃の超高騰ではかなわない。
この街並みを見ておきたい人は、なるべく早くヤンゴンへ来るしかなさそうだ。

            Colonial--9.jpg
 建物の裏には空間がとってあり、共同井戸が並ぶ。でたらめに増殖した街並みでないことがよくわかる

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/21 15:18] | 建築 | トラックバック(0) | コメント(0) |
これぞ「駅なか」市場
列車好きでなくとも、ヤンゴンに来たなら一度は乗ってみたいヤンゴン環状線。イギリス殖民政府の手で1877年から一部路線が開通し、1954年に環状として完成した歴史ある路線だ。
全長46km弱を約3時間かかって1周して、運賃はたったの300~400チャット(約32~42円)。のんびり座ったまま、都心から田舎へと移り変わる車窓を楽しむことができる。

ヤンゴン中央駅からレーダン駅あたりまでは線路の両側が土手のようになっていて、あまり見どころはない。その後列車は居間が丸見えの線路脇の住宅や、列車と並行して走る屋根まで乗客満載のピックアップトラックなどを横目にひたすらトロトロ走る。

    Kanjo-13.jpg
            今はマンゴーが旬。プラットホームに甘い香りが漂う

この「小旅行」最大の見所は、ヤンゴン中央駅からちょうど環状の真反対に位置するダニンゴン駅。
なんとこの駅、プラットホームどころか線路まで市場になっている。正確には駅前の建物が市場で、場外露店がプラットホームや線路に溢れ出しているのだ。線路と線路の間にちょっとした家具まで並んでいる。
列車にかからないギリギの位置に商品を並べてあり、列車が通ってもみんな「売場」をどく気配もない。

Kanjo-10.jpgKanjo-32.jpg
(左)線路脇に迫る本来の市場 (右)托鉢でもらった果物を歩道橋の上で食べる小坊主さんたち

プラットホームにもぎっしりと露店が並ぶが、列車の乗降口の箇所は乗り降りしやすいよう、ちゃんと隙間があけてある。
というか、ATC(自動列車制御装置)がないにもかかわらず、どの列車もちゃんと決まった場所に停車するんだと、そっちの方が驚きだ。

Kanjo-18.jpgKanjo-35.jpg
(左)市場利用者の方が明らかに乗降客より多い (右)列車が来ても誰も動かない

この環状線に昨年9月から冷房車が導入された。列車は日本の中古車輌。車同様、日本語表記や広告がそのまま残されているのが日本人には楽しい。座り心地もこれまでの木製ベンチ列車に比べれば格段にいい。

Kanjo-30.jpgKanjo-35.jpg
(左)風通し抜群の従来型列車 (右)新登場の冷房車

通勤はもちろんだが、休日には果物や菓子をもちこんでおしゃべりを楽しむ若者グループが目立つ。たった400チャットで冷房の効いたゆったりシートに寛げるのだから、そりゃぁ人気も出るだろう。
ヤンゴンの若者たちにとって、新しいデートスポットになりつつあるようだ。

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/19 17:22] | 街歩き | トラックバック(0) | コメント(0) |
威容を誇るミングオン・パゴダ
仕事がら、「ミャンマーのおすすめ観光地はどこ?」とよく聞かれる。
個人的な好みを排した場合、私の答えはミングオンかインワ。どちらもマンダレー近郊の古都だ。
今回はミングオンについて。

まず、アプローチがいい。
エーヤワーディー河の船着場から緩やかな大河を渡し舟で40分。ほどよい距離だ。道中(河中?)、スイカを山積みにした小舟や、喫水線ぎりぎりまで船体を沈めてソロソロ進む砂利運搬船などが行き交い、乗客を飽きさせない。

Minguon-1.jpgMinguon-2.jpg
(左)観光シーズンの渡し舟は混む。日陰に座りたいなら早めの乗船を (右)すれ違った木材運搬船

やがて中州のような平たい砂地が近づくと、岸辺にそびえるミングオン・パゴダが見えてくる。世界一大きな仏塔になるはずがだったが、王の死去で建設が中断。その後、地震もあり、今や巨大な土台だけが赤茶けた砂地にそびえるさまは、ギザのピラミッドのようだ。
完成していたら金ぴかに塗られていただろうから、わびさび好きの日本人には今の姿の方が情緒があっていい。

     Minguon-3.jpg
       とにかく巨大なミングオン・パゴダ。上まで登ることもできる

ミングオンへ行く外国人向け渡し舟は、チャーター舟以外だと1日1便のみ。朝9時にマンダレーを出て、13時にミングオンに戻る。
せっかち旅が好きな人(私です…)でも、かならず現地で3時間強を過ごさねばならない。

見どころは3ヶ所、細かく回っても6ヶ所といったところ。固まってたっているので、歩いてみて回れる。
エーゲ海のミコノス島を思わせる白亜の仏塔シンピューメーや、川に面して静かにたたずむサットーヤー・パゴダ。そして、ミングオン・パゴダ完成の暁には門前を護るはずだった獅子像の崩れかけた姿は、これまたエジプトのスフィンクス像のようだ。

Minguon-6.jpgMinguon-4.jpgMinguon-7.jpg
(左)大河を望むサットーヤ・パゴダ (中)ミングオン・パゴダ前の獅子像 (右)青空に白壁が映えるシンピューメ

問題は、隅々まで観光しても1時間以上は余ってしまう時間をどうつぶすかということ。
ゆったり旅を得意とするフランス人を見ていると、ローカルのカフェに座ってただダラダラしたり、パゴダの日陰に座り込んだりして「のんびり」を堪能しているようだ。
せめて、お洒落系とまでいかなくとももう少し居心地のよい、衛生面を気にせず食事を取れるようなカフェでもあればいいのに。

Minguon-10.jpgMinguon-11.jpg
(左)素朴なカフェもそれはそれでいいが… (右)牛車で回っても楽しい

というか、これだけ観光客がおしよせる状況で、なぜ誰もそういった施設を作らないんだろう?
もしかしたら、飲食店などを作る認可を新たに出さないといった、文化財保護的な措置をミャンマー政府がとっているのかもしれない。
センスあふれるフランス女性あたりが現地の男性と恋におち、素朴かつ素敵なカフェでも始めてくれればいいのにと、余計なことを考えてしまう。

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/16 14:00] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
動物天国
ミャンマーに生まれた動物は幸運だ。

     Animal-4.jpg
日本なら店主に追い払われそうな食堂のテーブルで寛ぐ猫。衛生面を考えると追い払ってほしい気も…

ひとりひとりが輪廻からの解脱を目指す上座部仏教においては、各人が日々の功徳を積むことが大切。功徳には動物にエサをやることも含まれるため、気軽に積めるよう寺の境内はもちろん、街のあちこちに鳥や魚のエサを売る露店がある。
街の野良犬たちに毎日エサをやるといった、日本なら町内会から叱られそうな光景もよく見かける。
以前住んでいたベトナムのハノイとは大違いだ。

Animal-1.jpgAnimal-2.jpg
(左)露店で買った餌を鳩にやる通行人 (右)スズメのエサにする稲穂は、毎朝団地に売りに来る

ベトナム北部では犬や猫を好んで食べる。街角には「猫鍋」(かつて日本で流行した鍋に入る猫ではなく文字通りの猫鍋)の看板が掲げられているし、犬料理屋がずらりと並ぶ通りもある。
最近ではペットとして飼う人も増えてきたが、いつも犬さらいや猫さらいに連れて行かれないように気を遣っていた。
そんな状況では、犬や猫も殺伐とせざるをえない。
田舎道で撮影などしていると、ともかく犬が吠え掛かってくる。狂犬病も多いし危ないことこのうえない。
行く手に犬が見えたら引き返す、というTVゲームさながらの進み方をしていると、なかなか目的地に着けないこともあった。

Animal-11.jpgAnimal-5.jpgAnimal-10.jpg
寺の境内や参道で寛ぎまくるお犬さま、お猫さま

それに比べるとミャンマーの犬や猫は総じて肉付きがよく人懐っこい。人に吠え掛かることもあまりない。

ただ、たまたまかもしれないが、マンダレー郊外のアマラプラではやたら吠えられた。
織物の町として有名なアマラプラでは、あちこちからバタバタと大きな機(はた)の音が聞こえる。
騒音に犬がストレスをためていたのか。
織物工房に気をとられて足の止まりがちな私が、よほど不審だったのか。

         Animal-9.jpg
猫の曲芸で有名だったインレー湖のガーペー僧院。猫使い(?)の僧が亡くなってからはただの「猫が多い寺」に

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/14 16:43] | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |
得度式
水かけ祭りから約1ヶ月。
この時期、街では高校球児のような坊主頭をよく見かける。
老若男女を問わず、だ。
伝統的なロンジーをまとい、顔にはタナカ、耳には金のピアス、そして頭は坊主頭といった、なかなかパンクな装いの若い女性も少なくない。

これは年に一度、長期休暇をとれる水かけ祭り期間中に出家した人が還俗し、髪が伸び始めたためだ。

       Tokudo-4.jpg
       カローの街で出会った、男児3人(ピンク)と女児2人(黄色)の合同得度式

ミャンマー人は一生に一度は出家する、とたいていのミャンマー本にはそう書かれている。
全員ではない気はするが、じっさい、私の周囲にも出家する人は多い。水かけ祭りの間、一緒に出家してきたという若夫婦もいる。
子どもだと、学業に影響のない夏休みに出家するケースが多いようだ。

Tokudo-5.jpgTokudo-6.jpg
(左)悪ガキっぽいが、1週間とはいえ僧侶が務まるのだろうか (右)あまりに幼すぎて、こちらも心配…

出家の際にはそれが1週間であっても、お披露目行列を行うことがほとんど。
とくに子どもの出家では、「わが子の晴れ姿をお披露目したい」と多額の費用をかけて大々的にやることが多い。
この辺の親心は、日本の七五三に似ている。

Tokudo-2.jpgTokudo-3.jpg
     「ちゃぐちゃぐ馬こ」のようなピーの得度行列

お披露目行列は、ヤンゴンだと小型トラック、地方だと馬に乗り、音楽を鳴らしながら町内をめぐるというものだ。
貧しい家庭だと寄付を募ることになる。
逆に子どもがいなかったり、実子が出家したがらない人が、他人の子どもの出家費用を出すことで「徳を積む」ことも。

     Tokudo-7.jpg
     インレー湖の水上村では得度行列も舟で

知人の日本人男性は、ミャンマー人の同僚に「費用はもつから出家して欲しい」と頼まれたことがあるそうだ。
そういえば、「旅行中にミャンマーで出家したことがある」という日本人男性にも会ったことがある。

外国人が出家したら、どうやってお経を読むのだろう。
宗派は違うが、お経でさえあれば般若心経でもかまわないのだろうか。

テーマ:ミャンマー・ヤンゴン - ジャンル:海外情報

[2014/05/12 15:25] | 信仰 | トラックバック(0) | コメント(0) |
次のページ
プロフィール

まき

Author:まき
【編集・ライター(撮影可)・コーディネート】
日本でのライター業を経て、中国・上海、ベトナム・ハノイにて現地情報誌の編集に7年強従事。その間、日本の雑誌や書籍に寄稿。コーディネートや企業調査も担当。現在はヤンゴンに在住。
連絡先: itasakamaki@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。